アルパイン、10インチ大画面ナビなど好調で増収増益…2014年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向

アルパインが発表した2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、営業利益が前年同期比7.2%増の83億5700万円と増益だった。

売上高は同2.9%増の2166億6700万円と増収だった。自動車メーカー向け純正品は、北米、中国での新車販売好調の効果で、米国自動車向けにアンプやスピーカーを核とし、高音質を追求したサウンドシステムの売上が増加したものの、音響機器事業全体は減収だった。

情報・通信機器事業では、国内向け10インチサイズ大画面ナビゲーションなどが好調だったほか、自動車メーカー向け純正品が北米、中国市場で欧州高級自動車の販売が好調に推移し、新車に搭載されたディスプレイ複合製品の売上が増加したことから増収となった。

収益は増収などの効果で経常利益は同21.0%増の117億7700万円となった。純利益は同27.1%増の86億2900万円と大幅増益となった。

通期業績見通しは売上高が同1.4%増の2900億円、営業利益が同12.1%増の110億円、経常利益が同23.3%増の145億円、純利益が同35.4%増の125億円となる見通し。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集