ユタカ技研の第3四半期決算、増収増益…海外での受注増加と円安効果

自動車 ビジネス 企業動向

ユタカ技研は1月29日、2014年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。

それによると、売上高は1491億2400万円(前年同期比+5.1%)、営業利益は85億9800万円(+8.6%)、経常利益は92億0900万円(+12.5%)、四半期純利益は55億5700万円(+13.9%)だった。

国内市場の受注減少や車種構成差等による影響があったものの、主に海外市場における受注増加に加え、為替相場が円安に進んだことにより、増収増益となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集