いすゞ、大型路線バス エルガハイブリッド を改良…ローモード追加で加速性能向上

自動車 ニューモデル 新型車

いすゞ、大型路線バス エルガハイブリッド
  • いすゞ、大型路線バス エルガハイブリッド
いすゞ自動車は、大型路線バス『エルガハイブリッド』を改良。1月29日に発売した。

エルガハイブリッドはモーターによる走行とエンジンアシストや減速時の効率的なエネルギー回生を通じた省燃費走行、低CO2・低排出ガスを両立した低公害車だ。

環境性能に優れた7.8リットル6HK1-TCCディーゼルエンジンを搭載し、重量車モード燃費は2015年度重量車燃費基準+10%を達成。低排出ガス車認定の取得により新車購入時の自動車取得税および自動車重量税が100%の免税となるとともに、九都県市低公害車指定制度の2009年基準「優」低公害車に適合している。

主な改良点として、加速性能の向上を目的に、走行モードにローモードを追加。自動変速式マニュアルトランスミッションの自動シフトアップ変速ポイントを高回転側に設定することで、合流及び登坂時などで加速性能を向上させた走行が選択可能となった。

また、車体の軽量化により、最後部席の定員を1名増員(標準仕様の場合)した。ほか運転席背面への客室向けハイブリッドモニターをオプション設定で追加。車両のハイブリッドシステム作動状態を車内モニターで表示することで、環境にやさしいハイブリッドバスであることを乗客に伝えることができる。

価格は3131万8920円。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集