桐生市で足尾鉄道100周年資料展…2月1~8日

鉄道 企業動向

足尾鉄道(現在のわたらせ渓谷鐵道)の全線開業100周年を記念した資料展が桐生駅構内の桐生市民活動推進センター「ゆい」で行われる。写真は桐生駅に入線するわたらせ渓谷鐵道の列車。
  • 足尾鉄道(現在のわたらせ渓谷鐵道)の全線開業100周年を記念した資料展が桐生駅構内の桐生市民活動推進センター「ゆい」で行われる。写真は桐生駅に入線するわたらせ渓谷鐵道の列車。
きりゅう市民活動推進ネットワークは2月1日から8日まで、桐生市民活動推進センター「ゆい」(桐生駅構内)で「足尾鐵道100周年記念資料展」を開催する。開催時間は各日10時から17時まで。

足尾鉄道は1914年までに全線開業した鉄道路線。後の国有化と分割民営化を経て、1989年からは第三セクターのわたらせ渓谷鐵道が運営している。資料展では、足尾鉄道の建設にまつわる公文書や国鉄足尾線時代の写真、わたらせ渓谷鐵道開業に関する資料などを展示。桐生地区を走った鐵道模型の運転も行われる。

また、2月8日10時30分からは、ゆいカフェで特別講演会が開催される。内容は「足尾鐵道建設ルート選定論争の顛末」と「線路図を読んでみよう」が予定されている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集