国交省、ロボット技術活用の促進へ「物流技術研究会」新設…パワードスーツも議題に

自動車 社会 行政

パワーローダーライト(PLL-01)参考画像
  • パワーローダーライト(PLL-01)参考画像
国土交通省は、物流の効率化に向けて、ITやロボット、センサー、環境などの最新技術の活用を促進するため、物流審議官部門に「物流技術研究会」を新設すると発表した。

「物流技術研究会」では、物流に関する最新の技術動向を把握するとともに、現場導入への課題を整理し、今後の施策に活用するため設置する。

今後、物流に関する最新の技術について、大学などの研究機関や、導入を検討している企業の研究者から行政としてヒアリングし、導入に向けた課題整理などを行う予定。

また国土交通省は、第1回物流技術研究会を1月29日に開催。パワーアシストスーツの開発動向について話し合う予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集