昭和シェル、原油安の影響で通期予想を下方修正…最終赤字95億円

自動車 ビジネス 企業動向

昭和シェル サービスステーションイメージ
  • 昭和シェル サービスステーションイメージ
昭和シェル石油は1月28日、2014年12月期の業績予想について、原油安の影響で、最終損益が当初予想の200億円の黒字から95億円の赤字へ下方修正した。

原油価格が前回業績予想時より大幅に下落したことで、在庫評価損が増加した。

売上高は前回予想から230億円減の2兆9970億円。営業損益は同480億円減で180億円の赤字、経常損益は同465億円減で165億円の赤字とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集