マレーシア人の老後資金、88%が準備不足 HSBC

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
HSBCマレーシアは27日、退職後のお金に関する調査結果を発表。

マレーシア人の88%が退職後に十分な貯蓄があるかどうか懸念していると回答、アジアで最も高い回答率となったことがわかった。

調査は昨年の9-10月にかけて15カ国の1万6,000人を対象に行われた。88%が退職後のために準備ができていないと答えた。また30%のマレーシア人が借金の返済があるため老後のために蓄えられないと回答した。一方で退職後のために貯蓄していないとの回答は27%に上り、貯蓄を始める予定はないは20%となった。

貯蓄を妨げている理由としては、住宅の購入もしくは住宅ローンの返済が41%で最も多かった。また32%が世界経済の停滞、30%が教育費の支払いと回答した。
HSBCは、マレーシアの一般的な家庭では1カ月に5,000リンギが必要とされているが、3,000リンギ以下で生活している退職者もいると指摘。20%の回答者が退職後のために全く貯蓄をしていないとした上で、準備をすべきとの見解を示した。
(ザ・サン、ザ・スター、1月28日、マレー・メイル・オンライン、1月27日)
広瀬やよい

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品