東洋ゴム、中国での漢字ブランド表記を「通伊欧輪胎」に変更

自動車 ビジネス 海外マーケット

東洋ゴム工業は1月28日、中国でのTOYO TIRESブランドの漢字表記および現地連結子会社の商号を変更したと発表した。

東洋ゴムは、2007年10月にグローバル統一したコーポレートブランド「TOYO TIRES」の中国での漢字表記は、これまで意味を重視して「東洋輪胎」を用いてきた。今回これを読み(音)での伝達を重視した「通伊欧輪胎」へと変更した。

ブランド表記(漢字)の変更に伴い、中国のタイヤ事業拠点も社名を変更。同時に合理化と効率化を目的として販売部門の統合を行った。今年1月より、通伊欧輪胎(上海)貿易有限公司(旧・東洋輪胎(上海)貿易有限公司)が張家港工場(江蘇省)で製造する乗用車用タイヤに加え、諸城工場(山東省)で製造するトラック・バス用タイヤの販売を担っている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集