2014年もっとも利用者の増えたSNSは「Instagram」…1年で2.6倍

エンターテインメント 話題

 ニールセンは27日、「ソーシャルネットワークサービス(SNS)」の最新の利用動向について調査した結果を発表した。同社のスマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」およびPC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータをもとに分析を行った。

 ニールセンが独自に分類する「ソーシャルネットワーク」カテゴリ全体では、2014年4月にスマートフォンからの利用者数がPCを逆転し、2014年12月時点ではスマートフォンからのSNS利用者は4,243万人まで成長している(PCは3,442万人)。これはスマートフォンからのインターネット利用者のうち、92%がSNSを利用していることとなる。なお利用率は2014年を通して90%を超えていた。

 2014年12月時点での主要サービスの利用者数をみると、すべてのサービスにおいてスマートフォンからの利用者数がPCからの利用者数を大きく上回っている。PCでは「Facebook」の利用者数が1,500万人でもっとも多く、PCからのインターネット利用人口全体の29%が、Facebookを利用している。一方、スマートフォンでは「LINE」と「Facebook」の利用者数がそれぞれ3,400万人前後。スマートフォンからのインターネット利用人口のうち70%以上が利用していた。

 スマートフォンからの利用者数が多いSNSは3位「Twitter」、4位「Google+」、5位「Instagram」だが、とくに「Instagram」は2014年12月時点での利用者数が1月の2.6倍まで急成長しており、主要サービスのなかではもっとも増加率が高かった。

 男女別では各サービスとも女性の利用率が男性の利用率よりも高く、特に「LINE」では16ポイントの差があった。年代別では、各サービスとも年齢が高くなるにつれ利用率が下がったが、「Google+」は50代の利用率がもっとも高かった。また「Facebook」は60代以上でも60%超の利用率があり、全年代で一定数利用されていた。一方「Twitter」は20代以下と30代の間で、大きく減少している。

2014年にもっとも利用者数を伸ばしたSNSは「Instagram」……ニールセン調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集