軽四輪中古車販売、2年連続の300万台超えで4年連続プラス…2014年

自動車 ビジネス 国内マーケット

スズキ・ワゴンR(旧型)
  • スズキ・ワゴンR(旧型)
全国軽自動車協会連合会が発表した2014年(1-12月)の軽四輪車中古車販売台数は、前年比2.9%増の308万8641台。2年連続の300万台超えで、4年連続プラスとなった。

車種別では、乗用車が同5.0%増の236万7235台。貨物車は同3.4%減の72万1406台だった。貨物車の内訳は、バンが同6.2%減の37万0318台、トラックが同0.2%減の35万1088台だった。

ブランド別では、スズキが同0.1%増の98万7128台で同連合会の統計公開を開始した1998年以来、17年連続のトップ。2位ダイハツは同6.1%増の92万9223台だった。三菱自動車とスバルが4%前後の前年割れとなったが、それ以外は好調だった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集