車載HUD世界市場、2019年には300億円に成長…リサーチステーション

自動車 ビジネス 海外マーケット

リサーチステーションは1月20日、海外最新リサーチ「車載HUD(ヘッドアップディスプレイ)の世界市場:2019年市場予測と動向分析」の取扱いを開始した。

1988年、GMによって最初の車載HUDが導入されたが、当時はまだスピードメーターとタコメーターといった基本的な表示のみだった。現在のHUDは高度化しており、車線情報、ナビゲーション、車間距離や障害物距離、テキストメッセージの表示などが可能となっている。

アウディ、BMW、レクサス、キャデラックが米国でのHUD売上の大半を占めており、ベンツは『Cクラス』『Sクラス』の2015年モデル向けにHUDを提供する見込みだ。自動車メーカーはインフォティンメントディスプレイの高度化を進めており、ベンダー企業にとっては大きな市場機会になるとみられている。

同レポートによると、高級車向けの車載HUDの世界市場は2014年に1億4620万米ドル(約173億円)に達し、今後、年平均成長率にして11.52%の拡大を続け、2019年には2億5260万米ドル(約300億円)規模に達すると予測している。

高級車市場の世界的ブームは継続することが見込まれ、購買層である超富裕層の個人は年3%から5%で増加を続けている。車載HUDシステムは通常、オプション装備品として販売されるが、高価格であることが採択の主要障壁となっている。規模の経済によるコストダウンには、HUDが中間セグメント車種向けに生産、搭載されていくことが必要となるとみている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集