マレーシア補正予算、一般歳出を55億リンギ削減 開発支出は据え置き

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
ナジブ・ラザク首相は20日、2015年度財政補正予算案を発表。景気対策に力を入れるとして、開発支出を485億リンギに据え置いたものの一般歳出を55億リンギ削減するとした。

原油安による歳入減を受けたもので、1バレル=55米ドルとした場合に歳入が138億リンギ減少するため、予算を補正しなければ約83億リンギが財源不足となるとしている。昨年10月の予算案発表時には1バレル=90米ドル換算で歳入を2,352億リンギと予想していたが、現在は40米ドル近くまで落ち込んでいる。

大量高速輸送(MRT)建設や軽便鉄道(LRT)延伸、クアラルンプール(KL)-シンガポール間の高速鉄道(HSR)、ペンゲラン総合石油コンプレックス(PIPC)、洪水対策、水道・電気・高速道路などの交通インフラ整備事業は継続する。電気料金は年内は据え置く。産業用ガス料金の値上げも延期する。ただし4月導入の物品・サービス税(GST)は予定通り進める。

29億リンギ相当の被害が出たとみられる昨年末からの全国規模の洪水被災地の復興、被災者支援に向け5億リンギの予算を割り当ててきたが、これを8億リンギに増額する。クランタン州グア・ムサンで低価格住宅1,000戸を建設するほか、一世帯当たり500リンギの支援、死者一人当たり家族に5,000リンギの見舞い金を支給する。
伊藤 祐介