コロンビアのトップ選手・キンタナ、前回レースで辛酸をなめたコースを研究

モーターサイクル エンタメ・イベント

キンタナが総合首位に(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
  • キンタナが総合首位に(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第9ステージ)
  • キンタナが落車でリタイア(ブエルタ・ア・エスパーニャ14第11ステージ)
コロンビアのトップ選手、ナイロ・キンタナ(モビスター)が先日発表された2015年ブエルタ・ア・エスパーニャのコースを分析した。

2014年のブエルタで、キンタナは中盤にリーダージャージのマイヨロホに袖を通したものの、二度の大きな落車に見舞われ途中でリタイアに終わった。

2015年はツール・ド・フランスとブエルタの出場を予定しているキンタナ。頂上ゴールが9つ設定されているブエルタのコースについて、次のように語っている。

ブエルタ第1週はスペイン南部のアンダルシア州が舞台となるが、第2ステージと第6ステージでは早くも頂上ゴールが待ち構えている。

「序盤のステージはそれほど厳しくないけど、トラブルにおちいりかねないポイントもあるので、うまく乗り越えなければいけない。特に最初の2つの頂上フィニッシュは危険だから、注意しないとね。夏だから暑さの影響もある」

そして、1度目の休息日明けの第11ステージはピレネーのアンドラ公国が舞台で、わずか138kmの中に6つの大きな上りがそびえている。

「アンドラのステージはとても厳しい。休みがないし、最初から2つの長く険しい坂がある。後戻りできないし、一日中アップダウンなんだ。長いステージではないけど、苦痛は大きいだろうね」

2週目後半の第14~16ステージは、北部のアストゥリアス州で頂上ゴール3連戦が立ちはだかる。

「その後は北部だ。フエンテ・デル・チボ(第14ステージ)は上ったことがあるけど、6年前だからそんなに覚えていないよ。路面も荒れているし、注意しないといけない。ソトレス(第15ステージ)とエルミータ・デ・アルバ(第16ステージ)の頂上ゴールはアップダウンが激しいし、最後の上りは難しい」

第3週初日の第17ステージは大会唯一の個人TT、そして最終日前日の第20ステージも山岳ステージが用意されている。

「TTは完全に平坦ではないようだけど、40kmある。向かい風には注意が必要だね。第20ステージはもう何も起こらないだろう。最後のコトスの上りは、ゴールから20km手前だからね。注意はするよ」

そしてレースに向けては「シーズンがどうなるか次第だけど、僕はブエルタでいいレースをしにいくはずだ」と意気込みを語っている。

キンタナが2015年ブエルタ・ア・エスパーニャのコースを分析

《光石達哉@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集