追跡中のパトカー、雨でスリップして建物外壁に突っ込む

自動車 社会 社会

12日午前4時20分ごろ、岐阜県各務原市内の国道21号で、交通違反車両を追跡していたパトカーが交差点を右折した際に路外へ逸脱。パチンコ店の建物に突っ込む事故が起きた。外壁の一部が破損したが、人的被害は発生しなかった。

岐阜県警・各務原署によると、同市内をパトロールしていた署員が信号無視を行った軽乗用車を発見。停止を命じたが、クルマはこれを無視して逃走。署員はパトカーによる追跡を開始した。

クルマは約4kmに渡って逃走。パトカーは逃げるクルマを追い、各務原市鵜沼各務原町1丁目付近の交差点を右折しようとしたところ、路外に逸脱。交差点に隣接するパチンコ店の敷地内に進入し、そのまま建物の外壁に衝突したという。

この事故で建物外壁の一部と、パトカーの車体が損壊したが、人的な被害は発生しなかった。クルマは混乱に乗じてそのまま逃走している。

事故当時、路面は降雨によって濡れた状態だった。警察では運転していた57歳の男性巡査部長がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集