2014年の円安関連倒産、前年比2倍増の282件…東京商工リサーチ

自動車 ビジネス 企業動向

円安関連倒産月次推移
  • 円安関連倒産月次推移
東京商工リサーチが発表した2014年(1-12月)の「円安」関連倒産は282件(前年比102.8%増、前年139件)で、前年比2.0倍増で推移した。

過去の「円高」倒産との比較では、2010-11年の「円高」関連倒産が2年間で136件だったのに対し、2013-14年の「円安」関連倒産は2年間で421件と、単純比較で3倍に膨らんでいる。円相場は、円高時の2011-12年の2年間で約12円変動したが、今回の円安は2013-14年の2年間で約30円変動しており、急速な為替変動が中小企業の経営を直撃したことを示している。

地域別では、41都道府県で円安関連倒産が発生。地区別では、関東108件を筆頭に、中部45件、近畿31件、九州24件、東北21件、北海道17件、北陸13件、中国13件、四国10件と全国に広がっている。

産業別では、最多が運輸業の100件(前年比44.9%増、前年69件)。人件費上昇などで体力が弱体化したところに年央までの燃料価格の高止まりが影響した。次いで、製造業が58件(同87.0%増、同31件)、卸売業50件(同316.6%増、同12件)、サービス業他27件、小売業が18件と続く。

形態別では、最多が破産の203件(同100.9%増、前年101件)と2倍増。次いで、取引停止処分が59件(同126.9%増、同26件)、民事再生法が12件(同20.0%増、同10件)の順だった。
《成瀬雄太@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集