ひき逃げしたクルマのナンバーを被害児童が記憶、運転の男逮捕

自動車 社会 社会

9日午前7時30分ごろ、静岡県藤枝市内の市道で、道路右側の路肩を歩いていた集団登校中の小学生に対し、対向してきた乗用車が突っ込む事故が起きた。4人が負傷したが、クルマは逃走。警察は後に39歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

静岡県警・藤枝署によると、現場は藤枝市高柳4丁目付近で車線区別のない幅員約4mの直線区間。集団登校中の児童4人は道路右側の路肩を縦列で歩いていたところ、前方から対向してきた乗用車が路肩寄りを走行。そのまま正面から突っ込んできた。

この事故で児童4人が打撲などの軽傷を負ったが、クルマはそのまま逃走。警察は軽傷ひき逃げ事件として捜査を開始したが、先頭を歩いていた児童が逃走車両のナンバーを記憶しており、同市内に在住する39歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)と、道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

聴取に対して男は「対向車とすれ違うために路肩に寄った。太陽が眩しくて、路肩を歩いてきた子供に気づくのが遅れ、そのまま突っ込んでしまった」などと供述しているようだ。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品