集団下校中の小学生を2人乗りバイクがひき逃げ

自動車 社会 社会

8日午後3時20分ごろ、愛知県名古屋市緑区内の県道で、徒歩で横断歩道を渡っていた7歳の男児2人に対し、交差進行してきたバイクが衝突する事故が起きた。2人は重軽傷。バイクはそのまま逃走しており、警察がその行方を追っている。

愛知県警・緑署によると、現場は名古屋市緑区鳴海町大清水付近で片側1車線の直線区間。交差点には横断歩道と信号機が設置されている。7歳の男児2人は集団下校中で、青信号に従って徒歩で横断歩道を渡っていたところ、赤信号を無視して交差進行してきた2人乗りとみられるバイクにはねられた。

男児1人がバイクの直撃を受け、足を骨折する重傷。もう1人も転倒し、頭部打撲などの軽傷を負った。バイクはそのまま逃走しており、警察は重傷ひき逃げ事件として捜査を開始している。

現場は交通量の多い交差点。目撃情報からバイクは中型とみられており、警察では周辺の防犯カメラ映像を分析するなどして、車両の特定を急ぐ方針だ。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集