練習中のレーサーを脅しマシンを奪おうとした強盗を逮捕 コロンビア

モーターサイクル エンタメ・イベント

ダーウィン・アタプマ(BMCレーシング)
  • ダーウィン・アタプマ(BMCレーシング)
  • ダーウィン・アタプマ(BMCレーシング)
  • ダーウィン・アタプマ(BMCレーシング)
BMCレーシングのダーウィン・アタプマが地元コロンビアで練習中に2人組の強盗に襲われ、負傷したことがチームから伝えられた。

2014年12月30日、アタプマは練習中に2人の男に制止され、乗っていたロードバイク、BMCチームマシンSLR01を要求された。その後、アタプマは2人ともみ合いになり、1人の男が持っていたナイフで左手と手首に切り傷を負った。この2人組はその後、警察に逮捕された。

地元コロンビア・トゥケレスでケガからの回復に務めているアタプマは「緊張する事件だった。警察が2人を捕まえてくれてラッキーだった」と振り返っていた。

BMCレーシングのチーフドクター、マックス・テスタ医師はアタプマは左腕にギプスをつけており、今後10日間は室内でのローラー台練習になるが、当初の予定通り、2月のツール・ド・メディテラニアン(フランス)でシーズン開幕を迎えられると説明している。

アタプマはチーム合宿のために数週間後にはスペインに渡る予定。

BMCレーシングのアタプマ、練習中に強盗に襲われケガ

《光石達哉@CycleStyle》

特集