日本の子どもが就きたい職業は「サッカー選手」「パティシエ」…アジアでは「医者」

エンターテインメント 話題

日本の子供の「将来就きたい仕事」ランキング
  • 日本の子供の「将来就きたい仕事」ランキング
  • アジア太平洋地域の子どもたちが就きたい仕事ランキング
  • アジア太平洋地域の子どもたちが就きたい仕事ランキング
 人財サービス企業のアデコグループは、日本およびアジア7か国・地域の子どもたちを対象に、「将来就きたい仕事」に関するアンケートを実施し、その結果を発表した。

 調査は、日本では全国の6歳~15歳の男女を対象に、アジア太平洋各国・地域では日本、香港、台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナムの7歳~14歳の男女を対象にインターネットアンケートと訪問調査で実施した。

 調査結果によると、日本の子どもが就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」、女子が「パティシエ」となった。ワールドカップ ブラジル大会が開催されたこともあり、「サッカー選手」を12%の男子が選び、2位の「医者」(8%)を上回った。女子の1位「パティシエ」は、16.8%を獲得し、2位の「先生」(8%)とは2倍以上の差となった。

 一方アジア太平洋地域(男女総合)では、「医者」になりたいと答えた子どもがもっとも多く、5つの国・地域で1位となった。次に人気があった仕事は「先生」で、2つの国・地域で1位、4つの国・地域で2位となった。日本は「パティシエ」がトップだった。そのほかタイでは、日本を含むアジア太平洋地域全体の中で、唯一「軍人」がランキング入り。軍事政権との距離が近いタイならではの結果となった。

◆日本の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング
・男子
1位:サッカー選手 12.0%
2位:医者 8.0%
3位:野球選手 7.6%
4位:先生 7.2%
5位:学者/研究者 5.6%
・女子
1位:パティシエ 16.8%
2位:先生 8.0%
3位:医者 6.8%
4位:野球選手 4.6%
5位:漫画家 4.2%

◆アジア太平洋地域 8つの国・地域の子どもの「将来就きたい仕事」トップ(男女総合)
日本:パティシエ
香港:医者
台湾:先生
韓国:医者
シンガポール:先生
マレーシア::医者
タイ:医者
ベトナム:医者

アジアの子どもたちが就きたい職業は「医者」…日本では「パティシエ」

《水野こずえ》

特集