エティハド航空、初のエアバスA380を受領…VIP向け「ザ・レジデンス」を装備

航空 企業動向

エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
  • エティハド航空、初のエアバスA380を受領
エアバスは、エティハド航空にとって初号機となるA380を引き渡したと発表した。

エティハド航空はA380を運航する世界で13番目の航空会社となる。引き渡されたA380は150機目。エティハド航空はA380を合計で10機発注している。

A380は、高い輸送能力と長い航続距離、低燃費性能を持つのに加え、機内スペースを有効活用できるのが特徴。エティハド航空のA380は498席を装備。VIP乗客向けのザ・レジデンスが2室、ファースト・アパートメントが9席、ビジネス・ステューディオが70席、エコノミースマートシートが417席の構成となる。

エティハド航空のA380は、アブダビ国際空港とロンドン・ヒースロー空港を結ぶ路線で運航する。2015年末までに5機を導入し、シドニー、ニューヨーク(JFK)路線で運航される予定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集