これって妖怪のしわざ? 『妖怪ウォッチ』ブレイクの歩み

エンターテインメント 話題

テレビアニメ「妖怪ウォッチ」
  • テレビアニメ「妖怪ウォッチ」
  • ニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ』
  • 「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」限定妖怪メダル「ツチノコパンダ」
  • 「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」限定データカードダスダス「ジバニャン」
  • 『妖怪ウォッチ2』イメージビジュアル
  • TVCMエキストラ1000人募集
  • 妖怪ウォッチ オフィシャル攻略ガイド
  • ニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』
2013年7月、あるゲームが静かに産声を上げました。タイトルは『妖怪ウォッチ』。ゲームの売上は上々ながらも、まさかこの渋いタイトルが翌2014年に社会現象にまでなるとは、そのときは誰も想像していませんでした。

店頭、テレビ、お菓子、玩具、文房具、日用雑貨、などなどなど・・・今や「ジバニャン」や「コマさん」といった妖怪たちを見かけない日がないと言っても過言ではありません。2014年1月のTVアニメ放映開始を皮切りに、今年大ブレイクを果たしたゲームを原作とするメディアミックス作品『妖怪ウォッチ』。2014年に『妖怪ウォッチ』がどのようにブレイクしていったか、その歩みを時系列で、インサイドのニュースを振り返りながら辿っていきたいと思います。


◆1月

【1月18日】テレビアニメ「妖怪ウォッチ」放映開始
インサイドで『妖怪ウォッチ』の名前を再び見るようになったのは1月の週間売上ランキング。前年の発売以来、目立った動きのなかったニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ』が、年末年始頃から、アニメ放映開始とあわせるように再びランキング上位に名を連ねるようになりました。この時点で出荷本数は30万本前後。

■1月のほかの妖怪のしわざ
・データカードダス『妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア』稼働
・玩具「DX妖怪ウォッチ」発売
・玩具「妖怪メダル 第1章 ~ようこそ妖怪ワールドへ~」発売


◆2月

【2月19日】3DSソフト『妖怪ウォッチ』が出荷50万本を突破
テレビアニメの放映をきっかけにゲームが再ブレイク。発売からおよそ7か月という長期間で累計出荷本数が50万本を突破しました。


◆3月

【3月14日】東京駅一番街に「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」期間限定オープン
【3月16日】・・・のはずが想定以上の来客で2日で営業休止
ここでしか手に入らない限定の「データカードダス」や「妖怪メダル」があったことや、単純な準備不足など、さまざまな原因が予測されました。ただ「いま妖怪ウォッチ来てるな!」と感じさせる最初のニュースだった気がします。

■3月のほかの妖怪のしわざ
・3DSソフト『妖怪ウォッチ』累計販売本数60万本を突破
・玩具「妖怪メダル」の売上が300万個を突破


◆4月

【4月14日】東京駅一番街「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」WEB抽選入店方式で営業再開
期間限定オープンだった店舗ですが、9月から再び出店しており、現在もWEB抽選による入店方式で営業中です。

【4月15日】3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』発売決定
まだまだ『1』が売れ続けている中で、新要素や新妖怪を多数盛り込んだ『妖怪ウォッチ2』の発売が発表。内容や特典などが異なる『元祖』と『本家』の2バージョンが用意されることも話題となりました。

【4月23日】3DS『妖怪ウォッチ』が出荷100万本を突破
時間が経過するほど販売のペースが上がっていくという類稀な例。アニメなどのブレイクをきっかけに、原作ゲームの面白さも、口コミなどでじわじわ浸透し、再評価されていったものと思われます。

■4月のほかの妖怪のしわざ
・プラモデル「ジバニャン」「ロボニャン」発売
・3DSソフト『妖怪ウォッチ』累計販売本数75万本を突破
・CD「Break Out/ようかい体操第一」(アーティスト:Dream5)発売
・CD「ゲラゲラポーのうた」(アーティスト:キング・クリームソーダ)発売


◆5月

【5月23日】CM撮影「ようかい体操第一」エキストラ1000人募集
『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』のテレビCMに出演するエキストラを1000人募集。1,000人が「ようかい体操第一」を踊る内容となり、後日テレビで実際に放映されたほか、ウェブではメイキング動画なども公開されました。

■5月のほかの妖怪のしわざ
・トレーディングカードゲーム「妖怪ウォッチ とりつきカードバトル」発売
・東京駅一番街「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」開催期間を6月10日まで延長


◆6月

【6月13日】劇場版「妖怪ウォッチ」制作決定
劇場版「妖怪ウォッチ」の制作が決定し、冬休み向けの映画として公開されることが決定た。前売り券には限定「妖怪メダル」が付属することもあわせて発表されました。

【6月13日】「Mステ」にキング・クリームソーダ出演で「ゲラゲラポーのうた」披露
テレビ東京系テレビアニメのタイアップ曲にも関わらず、テレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」に、アニメ「妖怪ウォッチ」の主題歌を担当するキング・クリームソーダが出演。アニメのOP曲「ゲラゲラポーのうた」を披露しました。

【6月25日】バンダイ発表、子供の好きなキャラランキングで「妖怪ウォッチ」が初登場2位
バンダイが毎年調査して発表しているランキングで、13年連続1位の「アンパンマン」に次ぎ、初登場の「妖怪ウォッチ」が2位にランクインしました。

【6月26日】『妖怪ウォッチ』攻略本が『ポケモンX・Y』攻略本の売上を超える
オリコン「週間“本”ランキング」において、「妖怪ウォッチ オフィシャル攻略ガイド」が発売から10か月で初の首位を獲得。この時点で、2014年度のゲーム攻略本部門において、「ポケットモンスターX・Y コウシキガイドブック カロス図鑑完成ガイド」の33.2万部を上回る40.2万部を記録しています。

■6月のほかの妖怪のしわざ
・「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」ダイバーシティ東京プラザ店が期間限定オープン
・トレーディングカードゲーム「妖怪ウォッチ とりつきカードバトル」出荷枚数2,000万枚突破
・ピザーラとコラボ「妖怪ウォッチ スペシャルパック」販売決定
・ライセンシング・オブ・ザ・イヤー2014でニューフェイス賞とプロダクト・ライセンシー賞を獲得


◆7月

【7月10日】3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』発売
コンテンツ「妖怪ウォッチ」の大ブレイクの真ん中にあるのは、やはりゲームの原作。関連グッズもアニメもコミックも、本作で広がった世界観で更なる展開を見せることになります。また劇場版「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」の物語も『2』が大きく関わっています。

【7月10日】「3DS LL 妖怪ウォッチ ジバニャンパック」発売
ニンテンドー3DS LL本体の限定「ジバニャンモデル」とデータカードダス「ゴルニャン」が付属したパックが発売されました。ちなみにソフトは別売り。

【7月13日】作業感がない!3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』プレイレポート
各メディアで意外と切り込んで紹介されていないゲームとしての『妖怪ウォッチ2』の魅力を伝えるプレイレポート。完成度が非常に高く、老若男女にオススメできる作業感のない良作RPGです。

【7月16日】『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』累計販売本数130万本を突破
わずか6日足らずで累計販売本数が130万本を突破。2バージョン発売であることを差し引いても凄まじいスピードで達成された記録と言えそうです。

【7月19日】西武鉄道で「妖怪ウォッチ」スタンプラリー開始、ラッピング電車も運行
夏休みのスタンプラリーに早くも「妖怪ウォッチ」が登場。オリジナルの1日フリーキップやラリーシートのほか、スタンプを集めることでデータカードダスなどがもらえたり、Wチャンス応募ハガキで「DX 妖怪ウォッチ タイプ零式」が抽選で当たったりと、さまざまなキャンペーンを実施しました。

【7月24日】劇場版「妖怪ウォッチ」PV公開の一方でチケットの転売が問題に
ウェブサイト上で前売り特典プレゼント終了の告知が出される中、特典の「妖怪メダル」などがオークションサイトで転売されるケースが多発。前売り券の購入希望者からは不満の声もあがりました。

【7月29日】レベルファイブの日野社長をモデルにした妖怪イラスト誕生
レベルファイブのデザイナー・長野拓造氏が社長の日野晃博氏をモチーフにした妖怪のイラストを披露。この妖怪のイラストが、まさか“あんな形”でゲーム本編にも登場することになるとは、このときは誰も知りませんでした。

■7月のほかの妖怪のしわざ
・任天堂が「妖怪ウォッチ2 Direct 2014.7.4」をウェブ放送
・『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』1,000人エキストラCM放映開始、メイキング映像もウェブ公開
・スマートフォンアプリ『ワンダーフリック』とコラボ
・「妖怪ウォッチ」LINEスタンプ第1弾登場
・「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」オアシス21店が期間限定オープン


◆8月

【8月1日】「妖怪ウォッチ in ナンジャタウン」開催
「ジバニャン」たちをモチーフにしたオリジナルフードの販売や、限定ミニゲーム屋台「コマさんのひとだま乱舞」を展開しました。

【8月11日】劇場版「妖怪ウォッチ」前売り券売り切れを謝罪、500万名の中学生以下を対象にメダル配布
即完売となってしまった限定特典「妖怪メダル」付の前売り券のお詫びとして、全国500万名の中学生以下の映画館来場者を対象に、別の「妖怪メダル」(のちに「ダークニャン」であることを発表)の配布を決定しました。

【8月12日】まなこさん、セーラー服で「ようかい体操第一」踊ってみた公開
ニコニコ動画を中心とするネットコンテンツで今年大ブレイクしたまなこさん。そのブレイクのきっかけはなんといっても「ようかい体操第一」。8月の記事ですが、未だにインサイドでは時折人気記事アクセスランキングの上位に顔を見せます。

【8月某日】無料で遊べる「くじガチャポン 妖怪ウォッチ 妖怪おみくじ神社」が大盛況
夏休みの某日に実際に列に並んでプレイしたレポート記事です。1時間待ちの末の挑戦。記者はレアメダルをゲットすることはできたのでしょうか。

【8月22日】小学館「妖怪ウォッチ2 オフィシャル攻略ガイド」発売、初版100万部
【8月28日】ゲーム攻略本の週間売上で『ドラクエ』超え!歴代記録を更新
唯一のオフィシャルガイドブックの発売で、初版が異例の100万部。ゲーム攻略はもちろん、限定QRコードでレア妖怪もゲットできるとのこと。オリコン「週間“本”ランキング」によると、このガイドブックは『ドラクエIX』のガイドブックの週間売上19.8万部を記録を上回る週間売上37.5万部を記録。2008年4月の同ランキング発表以来の歴代最高記録を樹立しました。

■8月のほかの妖怪のしわざ
・「一番くじぷち 妖怪ウォッチ」発売
・3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』累計販売本数が200万本を突破
・マクドナルドで「妖怪ウォッチウィーク」開催
・ニンテンドー3DSソフト『ニコニコ』でアニメ「妖怪ウォッチ」の無料視聴が可能に
・BEAMSが「妖怪ウォッチ」コラボTシャツを発売


◆9月

【9月5日】マクドナルドのハッピーセットに「妖怪ウォッチ」登場
【9月11日】予定の3倍以上の売上で品薄になり、緊急追加生産決定
ハッピーセット購入者に期間限定で『妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア』用の限定デザインのデータカードダス全6種類をランダムでプレゼント。予定の3倍以上の売上を記録し、一部で品薄状態が発生したため、10月以降に引き換えられる引換券の配布とカードの追加生産が決定しました。

■9月のほかの妖怪のしわざ
・「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」東京駅一番街店が2015年3月31日まで期間限定再登場
・「一番くじ 妖怪ウォッチ~妖怪発見ズラ!~」発売


◆10月

【10月15日】3DSソフト『妖怪ウォッチ2 真打』発売決定
【10月15日】3DSソフト『妖怪ウォッチ 元祖/本家』の更新データ無料配布決定
『元祖』『本家』に続く別バージョン『真打』の発売が決定。独自の追加要素はもちろん、『真打』の発売にあわせた『元祖』『本家』の更新データの無料配布も発表されました。

【10月22日】「映画 妖怪ウォッチ」小惑星探査機「はやぶさ2」オフィシャルサポーターに
「はやぶさ2」応援キャンペーン実行委員会が募集してきたオフィシャルサポーターの第1号が「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」に決定。委員会やJAXAと共に「はやぶさ2」の打ち上げを応援しました。

【10月23日】TVアニメ「妖怪ウォッチ」第39話再放送分が相次いで放送休止に
地上波放送で問題なく放送された第39話が、AT-Xとバンダイチャンネルなどで放送休止に。過度なパロディネタが原因と噂されましたが、その後もTVアニメではパロディネタを連発。テレビ東京も理由については言及しておらず、その原因は未だに謎のままです。

【10月27日】「SMAP×SMAP」でSMAPが「ゲラゲラポー」と「ようかい体操」を披露
【10月31日】「Mステ」にキング・クリームソーダとDream5が出演
CDの発売にあわせて、キング・クリームソーダとDream5が相次いでテレビ出演。中でも国民的アイドルSMAPまでもを巻き込んでしまうあたり、「妖怪ウォッチ」の波がとても大きなものになっていることを感じさせました。

■10月のほかの妖怪のしわざ
・バンダイ「キャラデコ」クリスマスケーキに限定メダル付き「妖怪ウォッチ」登場、予約開始
・ブラザーと「妖怪ウォッチ」がコラボ、便せんや封筒などの印刷用ダウンロード素材を配布
・「映画 妖怪ウォッチ」ゲスト声優に志村けん、片岡愛之助、島崎遥香(AKB48)の3人を起用
・PIZZA-LAと劇場版「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」がコラボ
・劇場版「映画 妖怪ウォッチ」中学生以下入場者の配布メダルは「ダークニャン」に決定
・関西初「妖怪ウォッチ 発見!妖怪タウン」エキマルシェ店が2015年3月31日まで期間限定オープン
・六本木ハロウィンと「妖怪ウォッチ」がコラボ、「妖怪を探せ!」実施
・CD「祭り囃子でゲラゲラポー/初恋峠でゲラゲラポー」(アーティスト:キング・クリームソーダ)発売
・CD「ダン・ダン ドゥビ・ズバー!」(アーティスト:Dream5+ブリー隊長)発売
・劇中登場のお店「モグモグバーガー」がお台場に限定オープン!マクドナルドとのコラボで実現


◆11月

【11月3日】2015年冬「映画 妖怪ウォッチ」第2作の公開が決定
第1作の公開前に第2作の公開が早くも決定。キッズ・ファミリー向けのシリーズ劇場アニメは「ドラえもん」「クレヨンしんちゃん」「名探偵コナン」「ポケットモンスター」などがあり、これらの一角に「妖怪ウォッチ」が並ぶことになります。

【11月4日】日経トレンディ「2014年ヒット商品ベスト30」で「妖怪ウォッチ」が2位に
ちなみに1位は「アナと雪の女王」、3位はUSJの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。この結果に伊藤編集長は「固くなりがちな財布の紐を子ども向けのキャラクターがこじ開けたが、(今年の上位のコンテンツは)その中でも過去最高のヒット」と解説しました。

【11月5日】NHK放送文化研究所・幼児視聴率調査「妖怪ウォッチ」が高い人気
特に5・6歳児ではの視聴率39%と「サザエさん」や「ちびまる子ちゃん」、「ドラえもん」や「クレヨンしんちゃん」などの定番アニメを抑えて1位を記録しています。

【11月7日】「マクドナルド 妖怪ウォッチカレンダー 2015」発売開始
【11月27日】「妖怪ウォッチカレンダー」がわずか2週間で売上150万部突破、ギネス申請へ
これまで、「1年間に最も売れたカレンダー」のギネス世界記録は、同じくマクドナルドが保有する「ポケモンカレンダー2010」の147万6422部。その大記録をわずか2週間で塗り替えてしまいました。

【11月20日】『妖怪ウォッチ』プロジェクトチームが「ベストチーム・オブ・ザ・イヤー」最優秀賞に
レベルファイブの日野晃博社長は「妖怪ウォッチは、ドラえもんのような長く愛される普遍的なコンテンツを、今この時代に作りたいという思いのもとスタートしたプロジェクト」とコメント。さまざまな会社をまたぎ、ひとつの目標に向かって動いたスタッフへの感謝の気持ちを言葉にしました。

【11月21日】3DSソフト『妖怪ウォッチ 真打』香川照之、伊藤淳史出演のTVCMオンエア
ユーモアあふれるドラマ仕立てで、これまでとは違ったアプローチのTVCMとなっています。ゲームの「あるある」なども交えつつ、ゲームにハマる上司と無茶ぶりされる部下を、香川照之さんと伊藤淳史さんが熱演しました。このほかにもゲーム紹介中心のCMも放映。

■11月のほかの妖怪のしわざ
・3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』累計出荷本数が300万本を突破
・バンダイ、年末に向けて「妖怪ウォッチ」関連玩具の生産体制を増強
・データカードダス『妖怪ウォッチ ともだちウキウキペディア』ともだち500万人キャンペーン開催
・日清食品「妖怪ウォッチ しょうゆラーメン」発売
・ナンジャタウン、常設新アトラクション「妖怪ウォッチアトラクション 鬼時間脱出大作戦」オープン


◆12月

【11月19日】「2014年ユーキャン新語・流行語大賞」に「妖怪ウォッチ」ノミネート
【12月1日】年間大賞は逃したものの、見事トップテン入り
その年の「流行語」を発表する「流行語大賞」のトップテンに見事「妖怪ウォッチ」が並びました。名実ともに「妖怪ウォッチ」が2014年を象徴する“ワード”であったと言えそうです。

【12月2日】映画「妖怪ウォッチ」公開アフレコで、ぱるるがジバニャンに塩対応
ジバニャン「事前に聞いていた情報と違うニャン!!!」

【12月6日】熊本駅が「ケマモト駅」に!JRなどコラボで日本中に「妖怪ウォッチ」ラッピング電車運行
ケマモト駅は3月1日まで、ラッピング電車は地域によって異なるもの1月~3月までは見ることができるようなので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

【12月13日】3DSソフト『妖怪ウォッチ2 真打』発売、『2』の累計出荷本数は500万本突破
【12月13日】3DSソフト『妖怪ウォッチ2 元祖/本家』、大型アップデート「鬼進化」実施
3バージョン発売とは言え、『元祖/本家/真打』の累計出荷500万本は大記録。また、かなりのアップデート内容にも関わらず『元祖/本家』が無料で『真打』と遊べる仕様になるのはユーザーにとっては嬉しい限りです。

【12月18日】全国の郵便局で「妖怪ウォッチプレミアムフレーム切手セット」申込受付開始
郵便局員に扮したジバニャンら人気キャラクターのフレーム切手、キラシールが豪華な特製シールコレクション、5種類のポストカード、シールポケット付き箔押し仕様のホルダーのセット。1月30日まで受付中です。

【12月某日】グリコとコラボ「妖怪ウォッチ 動くぬりえ」が楽しい
実際に商品を買って試してみたレポート記事です。専用スマホアプリを使うことで、自分が塗った妖怪たちが拡張現実に登場します。

【12月20日】劇場版「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」公開!2日で東宝映画記録を樹立
公開初週末の興行収入が2日間で16億2889万3000円、観客動員が148万4916人。東宝映画史上の新記録を更新したと同時に、ヒットの目安となる興行収入10億円突破をわずか2日間で達成したことになります。

【12月31日】NHK「第65回紅白歌合戦」スペシャル企画に「妖怪ウォッチ」!嵐と共演
キング・クリームソーダやDream5の出演はもちろん、「ジバニャン」ら妖怪たちも登場。嵐との共演による「歌おう おおみそかは全員参加で!」のテーマに相応しいスペシャルステージを披露します。

■12月のほかの妖怪のしわざ
・PIZZA-LAと劇場版「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」のコラボ第2弾登場
・和の文化を楽しむ月刊女性誌「和樂」に『妖怪ウォッチ』特集掲載、キュウビのブロマイド付き
・「FNS歌謡祭」にキング・クリームソーダとDream5出演、多数のアーティストとコラボ
・今年の漢字、10位に「妖」!『妖怪ウォッチ』のブームでランクイン
・CD「妖怪ウォッチ オリジナルサウンドトラック」発売、映画エンディング「ゲラゲラポー走曲」収録
・レベルファイブが3DS/3DS LL向け『妖怪ウォッチ』アクセサリ発売
・一番くじ「映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」発売
・「2014日本有線大賞」にて「ゲラゲラポーのうた」「ようかい体操第一」が「有線話題賞」を受賞
・「ミュージックステーションスーパーライブ2014」にキング・クリームソーダとDream5出演

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

さて、こうして振り返ってみると、年末に向けてその話題がどんどん増えていく傾向がわかります。テレビアニメ放送開始をきっかけにブレイクが始まり、新作ゲームの発売、劇場版「映画 妖怪ウォッチ」の公開で、2014年は文字通り“社会現象”と呼べるまでに大旋風を巻き起こしていきました。

そんな中、このブームが一時的なものなのか、まだまだ続くものなのか、2015年の『妖怪ウォッチ』がどんな動きを見せるのかをチェックしながら、その展望を大胆予想していきたいと思います。


◆どうなる!?2015年の『妖怪ウォッチ』【発表済予定編】

【1月1日】セブンイ-レブンで「妖怪ウォッチ お正月キャンペーン」開始
各店先着でステッカーがもらえたり、玩具が当たったりするキャンペーンが年明け早々にスタート。数量限定のアイテムが多数となっているので、ゲットしたい方は早めに足を運びましょう。

【1月9日】アニメのエンディングテーマが「ニャーKB with ツチノコパンダ」に
映画ではゲスト声優として出演したぱるること島崎遥香さんを筆頭に、AKB48のメンバーで構成される「ニャーKB」の面々。もともとAKB48のパロディーだった「ニャーKB」が現実のものとなって、テレビアニメのエンディングテーマ曲を担当します。AKB48と「妖怪ウォッチ」による本格コラボは一体どのようなものになるのでしょうか。

【1月17日】「妖怪Pad」発売!メダル全種読み込み対応
発売前から転売が行われているなど、未だに入手困難な状況が続きがちな玩具「DX 妖怪ウォッチ」「DX 妖怪ウォッチ零式」並の勢いで、すでに大ヒット商品になることを予感させます。市場に十分な数が出回るのかにも注目です。ちなみに、同日「妖怪メダル 真打スペシャル」も発売予定。

【年末頃?】劇場版「映画 妖怪ウォッチ」第2弾公開
第1作はさまざまな記録を塗り替える大ヒット。ゲームや玩具とコラボすることでさまざまなシナジー効果も期待できます。このまま冬の定番アニメ映画シリーズになっていくかもしれませんね。


◆どうなる!?2015年の『妖怪ウォッチ』【大胆予想編】

【夏以降?】ゲーム第3弾が発売されるかも!?
レベルファイブはクロスメディア作品『イナズマイレブン』において、2008年~2013年にかけて例外なく1年に1本ペースで続編ゲームを発売していました。『妖怪ウォッチ』においては『1』と『2』がほぼ1年間隔で発売されたことに加えて、テレビアニメ、劇場版アニメ、玩具などなど、関連コンテンツと更なるクロスメディアを展開していくことを考慮すると、新たな妖怪やストーリー、“仕掛け”の登場は必然とも言えます。そう遠くない時期に『3』(もしくはそれに相当するタイトル)が発売される可能性は高いのではないでしょうか。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆

ゲームを原作としながらも、「クロスメディア作品」として、発信されるあらゆるコンテンツからヒットアイテムが生み出され、それぞれのヒットがそれぞれのコンテンツに対して更なるシナジー効果をもたらし、結果的にどんどん新しい広がりを見せていく・・・そんな巨大な渦のように“社会現象”をもたらした『妖怪ウォッチ』。2015年も、まだまだ「広がり」を見せてくれそうな「クロスメディア作品」ならではの仕掛けが沢山予想されます。

文字通り“老若男女”が楽しめる「クロスメディア作品」として、長く愛される作品になれるのでしょうか。ブレイク2年目は、試練の年でもあります。2015年が『妖怪ウォッチ』にとって更なる飛躍の年となるか、結果がどうなろうとも、それはすべて妖怪のしわざかもしれません・・・。

(C)2014 LEVEL-5 Inc.
(C) LEVEL-5 Inc.
(C)L5/YWP・TX
(C)LEVEL-5 / 映画『妖怪ウォッチ』プロジェクト2014

【年末年始】これって妖怪のしわざだよね!2014年『妖怪ウォッチ』ブレイクの歩みを振り返る … 2015年も大胆予想

《津久井箇人 a.k.a. そそそ@INSIDE》