輸入車販売、好調メルセデスベンツが2か月ぶりのトップ…11月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット
新型メルセデスベンツ Aクラス
  • 新型メルセデスベンツ Aクラス
  • フォルクスワーゲン ゴルフ(参考画像)
日本自動車輸入組合が発表した11月のブランド別輸入車新規登録台数によると、ルセデス・ベンツが5381台(22.5%増)を販売し、2か月ぶりのトップとなった。

フォルクスワーゲンは5332台(18.0%減)で2位転落。3位BMWは3608台(6.3%減)と不振だった。

11月の輸入車販売台数ランキング上位10ブランドは以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

1位:メルセデス・ベンツ 5381台(22.5%増)
2位:フォルクスワーゲン 5332台(18.0%減)
3位:BMW 3608台(6.3%減)
4位:アウディ 2498台(3.0%増)
5位:BMW MINI 1606台(17.4%増)
6位:日産 1559台(30.2%減)
7位:トヨタ 1332台(5.9%減)
8位:ボルボ 992台(25.1%減)
9位:ポルシェ 545台(5.8%増)
10位:ジープ 480台(13.7%増)
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集