カタール航空、アフリカ・ジブチ路線の運航開始…ネットワークは145都市に拡大

航空 企業動向

カタール航空、アフリカ・ジブチ路線の運航開始(1)
  • カタール航空、アフリカ・ジブチ路線の運航開始(1)
  • カタール航空、アフリカ・ジブチ路線の運航開始(2)
  • カタール航空のエアバスA320型機
  • ハマド国際空港公式ウェブサイト
カタール航空は10月27日、ドーハ=ジブチ路線の運航を開始したと発表した。

ハマド国際空港とジブチ国際空港を結ぶ路線は週間3往復で運航する。使用機材は「エアバスA320」。座席は144席(ビジネスクラス12席、エコノミークラス132席)。同航空の就航都市数はジブチを含めて145都市となった。

アフリカ北東に位置するジブチは天然資源が豊富な国。観光目的で訪れる人も多く、スキューバダイビングやシュノーケリングといったウォータースポーツが盛んに行われている。カタール航空は、ジブチへの注目度が高いマーケットとして、ロンドン、パリ、東京、ベルリン、ニューヨークを挙げている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集