歩道から車道へ倒れ込んだ男性、ひき逃げされ死亡

自動車 社会 社会

24日午前0時50分ごろ、三重県伊賀市内の県道で、歩道を歩いていた42歳の男性が転倒して車道に投げ出されたところ、後ろから進行してきた軽乗用車にはねられる事故が起きた。男性は死亡。クルマはそのまま逃走しており、ひき逃げ事件として捜査している。

三重県警・伊賀署によると、現場は伊賀市上野丸之内付近で片側1車線の直線区間。42歳の男性は歩道を歩いていたが、足がふらついて転倒。車道に投げ出されたところ、後ろから進行してきた軽乗用車にはねられた。

男性は全身を強打。近くの病院へ収容されたが、多発性の外傷ショックが原因で約16時間後の同日夕方に死亡。クルマはそのまま逃走しており、警察は死亡ひき逃げ事件として捜査している。

警察では逃げたクルマの車種特定を急ぎ、早期に車当たり捜査を開始するとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品