札幌「雪ミク電車」、今年のテーマは「植物」…11月17日から

鉄道 行政

パープルをベースにした前回運行時の「雪ミク電車」(写真)。今回のテーマは「雪ミク×植物」になる。
  • パープルをベースにした前回運行時の「雪ミク電車」(写真)。今回のテーマは「雪ミク×植物」になる。
札幌市交通局は10月24日、「雪ミク」をデザインした毎年恒例のラッピング電車「雪ミク電車」を運行すると発表した。運行期間は11月17日から2015年3月29日まで。

今回は「雪ミク×植物」をテーマにしたデザインで装飾。車内の広告部分に雪ミクのイラストやポスターが掲出されるほか、車内放送では「初音ミク」の声優・藤田咲さんの音声が流れる。

運行時刻は、平日が西4丁目発7時49分・9時34分・11時22分・13時06分・14時50分・16時34分・18時19分、すすきの発8時39分・10時27分・12時13分・13時57分・15時41分・17時26分。土曜・休日は西4丁目発が7時07分・8時49分・10時34分・12時18分・14時06分・15時51分・17時34分、すすきの発が7時56分・9時40分・11時25分・13時13分・14時58分・16時42分・18時27分。このうち平日の西4丁目18時19分発と土曜・休日のすすきの18時27分発は中央図書館止まりになる。

また、運行開始に先立ち「雪ミク電車」の内覧会が11月16日、電車事業所(中央区)で開催される。開催時間は10時30分から14時まで。

「雪ミク」は、札幌市に本拠を置くクリプトン・フューチャー・メディアが開発したDTMボーカル音源のキャラクター「初音ミク」の北海道キャラクター仕様。2011年から「雪ミク」をデザインした「雪ミク電車」が札幌市電で毎年運行されている。前回はパープルをベースにデザインした「魔法少女Ver.」の「雪ミク電車」が運行された。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集