駐在員の希望滞在先、マレーシアは日本より上位

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
英系金融大手HSBCは、駐在員を対象に実施した「エクスパット・エクスプローラー2014」の調査結果を発表。駐在員が望む滞在先ランキングで、マレーシアが34カ国中16位となったことがわかった。

調査は今年4月から5月にかけて100カ国以上の駐在員9288人を対象に実施された。トップとなったのはスイスで、2位がシンガポール、3位が中国となった。日本は18位となった。最下位はエジプトだった。

東南アジアからは、タイが7位、ベトナムが16位に入った。

マレーシアは、経済の項目では全体で16位となり、経験では18位となったが、海外での子育てでは24位となった。回答者の49%はマレーシアに滞在しても良いと回答。またマレーシアに滞在している駐在員の47%はマレーシア語は難しいと答えた。また63%は居住先を見つけるのは簡単と答え、平均の54%を上回ったことがわかった。
広瀬やよい

編集部おすすめのニュース