ミャンマー初のミュージック・アカデミー・アワードが開催

エマージング・マーケット 東南アジア

関連画像
  • 関連画像
サマー、モンスーン、ウィンターの3シーズンに開催

10月18日、ヤンゴンのイベントパークで、「ミャンマー・ミュージック・アワード モンスーン 2014」が開催された。

(画像:mitvより)

ミャンマーでは全国規模の映画アカデミー賞が毎年開かれる。しかし、これまで音楽のアカデミー賞が開催されたことはなかった。今後、サマー、モンスーン、ウィンターの3シーズンごとに、ミュージック・アワードが行われるという。

90アルバム、1,000曲から審査

ミャンマー初となった音楽祭では、40人以上からなる審査委員会が、今年5月から9月に発売されたアルバムを審査した。対象となったアルバムの数は90。ポップ、ロック&ラップなどのジャンルから約1,000曲から勝者を選んだ。

審査によって、ベストソング・オブ・モンスーンはNi Ni Khin Zaw「Myaw Link Chan Ta Sone Ta Yar」が受賞。男性特別賞にはAung Yin、女性特別賞にはMi Sandyが選ばれた。

その他ピープルズ賞、アーティスト賞として、Lwan Yati Zaw、Hlwan Paing、Big Bagなど8名が選ばれた。

授賞式はFMラジオで放送された。今後は、映画祭のように観客を交えた大規模なイベントとして展開していくという。
《ミャンマーニュース》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品