オフィスを駆け抜けろ…レーシングシート型チェア

自動車 ビジネス 国内マーケット

室内で堪能できる大地を走る感覚。レーシングシート型のオフィスチェア
  • 室内で堪能できる大地を走る感覚。レーシングシート型のオフィスチェア
ビーズは、バウヒュッテより、「オフィスチェア GT-1000 MID-OHIO SHADOW(ミッド・オハイオ・シャドウ)」「オフィスチェア GT-1100 TALLADEGA SUN(タラテガ・サン)」を発売する。

「オフィスチェア GT-1000」「オフィスチェア GT-1100」の最大の特徴は、かつてヨーロッパのカーレースを起源とし所属チームの車体を見分けるべく施されたとされるレーシングストライプ「GTストライプ」。 ミッドオハイオの闇夜とタラテガの太陽、どちらもカーレースに縁のあるアメリカの地からインスパイアされたコンセプトをデザインに採用した。 これらのイメージを「GTストライプ」で極限まで表現すべく、「GT-1000」にはマットブラックのマイクロファイバーを、「GT-1100」には鮮やかな赤色合皮を選択し、モデルごとにストライプの幅や配置にこだわった。

頭・背中・お尻・膝裏の4箇所が当たる部分のクッションを独立させ、それぞれに二重構造で高密度な「デュアルクッション」を配置することで、効果的に体圧を吸収し、長時間の着座による疲労を軽減する。

室内で堪能できる大地を走る感覚。レーシングシート型のオフィスチェア

《礒崎遼太郎@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品