【ジャパンカップ14】プロ選手と一緒にコースを走ってふれ合えたフリーラン

エンターテインメント 話題

ジャパンカップサイクルロードレースと同じコースを、自転車ファンがプロ選手と一緒に走れるオープニングフリーランが、2014年10月18日に行われた。

実際のロードレースで使われるのと同じ14.1kmの宇都宮市森林公園周回コースを1周するフリーラン。新城幸也(ヨーロッパカー)、別府史之(トレックファクトリーレーシング)、ダニエル・マーティン(ガーミン・シャープ)、ダミアーノ・クネゴ(ランプレ・メリダ)ら大会注目の選手と古賀志林道など名勝負の舞台を一緒に走れるまたとないチャンスに多くのサイクリストが参加した。

走り終わった後も、サインや写真撮影で選手たちとファンがふれ合っていた。

ちなにみブルーのチームカラーのヘルメットで走ったマーティンは「パンダヘルメットはツアー・オブ・北京だけだよ」と笑顔で話していた。
《光石達哉@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集