ジェットエアウェイズが深刻なパイロット不足に直面

エマージング・マーケット インド・南アジア

ジェットエアウェイズの深刻なパイロット不足が加速している。DGCA(民間航空管理局)の基準を満たさなかったことで100名以上のパイロットが飛行停止となったためである。

これにより10月第一週の週末運行には150便以上に遅れなどの影響が出た。

またジェットエアウェイズ自身も3名のパイロットが、トレーナーをつけて飛行し全ての規定が順守されていることを確認するラインチェックを行わず証明を受けていなかったことを発見した。

しかし不足している分を他のパイロットが飛行することで穴埋めすることは難しく、今年いっぱいはこの状況が続くと見られている。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品