衝突回避のため歩道に乗り上げ、歩行者はねる

自動車 社会 社会

11日午前7時5分ごろ、佐賀県上峰町内の県道を走行していた軽乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた乗用車と衝突する事故が起きた。乗用車は歩道に乗り上げて、歩いていた72歳の女性にも衝突。女性は収容先の病院で死亡している。

佐賀県警・鳥栖署によると、現場は上峰町坊所付近で片側1車線の直線区間。走行中の軽乗用車が対向車線側へ逸脱し、対向車線を順走してきた乗用車と正面衝突。乗用車は衝突を回避しようとした結果、歩道に乗り上げ、歩道を歩いていた72歳の女性にも衝突した。

女性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打などが原因で約2時間後に死亡。警察は双方の運転者から自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)容疑で事情を聞いている。

警察では軽乗用車側がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品