W杯で注目された西村主審、国際審判員を勇退…ねぎらいの声多数

エンターテインメント 話題

西村雄一氏 参考画像(2014年6月14日)(c)Getty Images
  • 西村雄一氏 参考画像(2014年6月14日)(c)Getty Images
  • 西村雄一氏 参考画像(2014年6月14日)(c)Getty Images
ブラジルワールドカップでも主審を務めた西村雄一氏が国際審判員の候補から外れたことが明らかになった。

国際舞台で審判を務めることができる年齢の上限は45歳。4年後の2018年ワールドカップでは、西村主審は46歳になるため、今回の国際審判員候補から外れる結果となったと推測される。

ブラジルワールドカップでは開幕戦のブラジル対クロアチアの試合で笛を吹いたが、ブラジルにPKを与えたことが、不可解な審判であると波紋を呼んだ。

しかし、国際審判員としての実績は揺るがない。ワールドカップをさばく最高峰の審判であることに変わりはない。

ネット上では
「西村主審、今までありがとう」
「ワールドカップのPKで波紋を呼んだけど、あれはPKだったよ」
「西村主審、Jリーグでもがんばってください」
「もう日本に国際審判員つとめられる審判いないんじゃない?」
「南アフリカのブラジルVSオランダの試合のジャッジは本当によかったよね。」

などの声が挙げられている。

サッカー西村主審、国際審判員候補から外れる「ありがとう」「これからもがんばって!」

《nanakichi@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集