【ツアー・オブ・北京14】大気汚染のため異例の距離短縮…選手が陳情

モーターサイクル エンタメ・イベント

中国で開催されているツアー・オブ・北京は10月11日に崇礼~延慶間の147.5kmで第2ステージが行われる予定だったが、大気汚染のため競技距離が111kmに短縮された。

一部の選手の要求を受け、スタート前に選手、チーム、審判の合意のもとにコースの短縮が決定。当初のゴール地点より約36km手前の村でフィニッシュすることになった。

レースがスタートすると、アレクシス・グジャール(AG2R)、ジュリアン・アラフィリップ(オメガファルマ・クイックステップ)、ローラン・マンジェル(FDJ)、ファビオ・シルベストレ(トレックファクトリーレーシング)の4人が1.5km地点で逃げを決める。

メイン集団はジャイアント・シマノ、オリカ・グリーンエッジ、ガーミン・シャープがコントロール。逃げ集団に2分以上のタイム差を許さず、残り3kmで最後まで逃げていたマンジェルを吸収する。

ゴール前は距離1km、平均勾配8%の上り坂がそびえ、ここで有力選手たちによるアタックが繰り返される。

しかし、最後は2012年の世界チャンピオン、フィリップ・ジルベール(BMC)がレイナールト・ヤンス・ファンレンスブルク(ジャイアント・シマノ)をゴール直前で抜いて、ステージ優勝を飾った。この結果、ジルベールはリーダージャージも獲得。3位には、2013年ロード世界王者ルイ・コスタ(ランプレ・メリダ)が続いた。

その後、選手たちは当初のゴール地点だった延慶に移動し、3kmのパレードランを行って1日を終えた。

深刻な大気汚染に見舞われたツアー・オブ・北京第2ステージは短縮 ジルベールが上りゴールを制す

《光石達哉@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集