レジェンドだらけのロックフェスが映像化…製作総指揮はなんとポール・マッカートニー

エンターテインメント 映画・ドラマ・映像作品

『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』(C)2013 Robin Hood Foundation All Rights Reserved 
  • 『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』(C)2013 Robin Hood Foundation All Rights Reserved 
  • ポール・マッカートニー-(C) Getty Images
100年に一度といわれたハリケーン「サンディ」の被災地救済のため、2012年12月12日、N.Y.マディソン・スクエア・ガーデンで開催されたチャリティー・コンサートの模様を追ったポール・マッカートニー製作総指揮のドキュメンタリーが、『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』として2015年1月、日本で公開されることが決定。そのメインビジュアルが到着した。

本作は、2012年12月12日、N.Y.のマディソン・スクエア・ガーデンで行われたチャリティー・コンサート「12.12.12 The Concert For Sandy Relief」の超豪華なステージのみならず、その舞台裏にまで迫った音楽ドキュメンタリーだ。

この日は、ポールを始め「ザ・ローリング・ストーンズ」、「ザ・フー」、エリック・クラプトン、ビリー・ジョエル、「ボン・ジョヴィ」、ブルース・スプリングスティーン、ポール・シェイファー、アリシア・キーズ、カニエ・ウェストなど、総勢16組のアーティストと84名の著名人が参加。ライブパフォーマンスのみならず、スピーチ、寄付受付ダイヤルの電話応対などまでを行った。

コンサートの目的は、その年の10月、アメリカ東海岸に最悪の被害をもたらしたハリケーン「サンディ」の被災地救済のため。アメリカでは39のテレビ局、海外では20以上のテレビネットワークで生放送され、25以上のWEBストリーミングを実施。さらに、50以上のラジオ局もコンサートの模様を放送し、ひと晩で5,000万ドル(約54億円)を集めた史上最大規模のチャリティ・コンサートとなった。

特に話題となったのは、豪華アーティストたちによる夢のようなコラボレーションだ。伝説的バンド「ニルヴァーナ」がポールをメンバーに迎えて一夜限りの復活を果たし、「ザ・フー」にリンゴ・スターの息子、ザック・スターキーが参加。また、被災地域出身のジョン・ボン・ジョヴィ&ブルース・スプリングスティーンに、元「ピンク・フロイド」のロジャー・ウォーターズ&「パール・ジャム」のエディ・ヴェダー、そして「コールドプレイ」のクリス・マーティン&「R.E.M」のマイケル・スタイプと、世代やジャンルを超えた共演の数々はファン垂涎もの。

何より、彼らアーティストたちの素顔が垣間見える貴重なバックステージの模様や、寄付受付の電話対応に追われるウーピー・ゴールドバーグ、ジェイク・ギレンホール、クリステン・スチュワートなど、イベントの裏方に参加したハリウッドスターたちの様子までばっちりと捉えられている。

“奇跡のコンサート”と呼ばれ、音楽史に語り継がれていくだろう夢のような一夜の表と裏を、エキサイティングに記録した本作。音楽が持つ魔法のような力と、手を取り合ったアーティストたちの力強い姿が、一歩を踏み出すきっかけとなるかもしれない。

『12-12-12/ニューヨーク、奇跡のライブ』は2015年1月16日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国にて公開。

ポール・マッカートニー製作総指揮、“奇跡”のライブのドキュメンタリー公開へ

《text:cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集