「800m短かった」箱根駅伝コースに測定ミス発覚…どうなる区間記録

エンターテインメント 話題

正月の名物行事、箱根駅伝の歴史は世界的に見ても長い。大正9年に始まり、次回で第91回を数える。

もはや伝統行事だが、距離が思っていたより短かったようだ。といっても、これまでもコースが一部変更になることは時折あり、その度に全区間の再測定を行っていたようだ。

今回2005年以来のコース変更があり、距離を測ってみると全部で7つの区間で測定ミスが分かった。合計で800m、記録よりも短かった。

コース変更があった2つの区間以外は、今までの区間記録も正式な記録として、これからも認められるようだ。

このニュースにネットでは、

「オイ…。」
「全然違うやんけ。」
「山登りと山下りの記録+総合記録が、参考記録扱いになるわけだね。…それでも、過去の歴史はすごいわけだけど。」
「距離で走ってるわけじゃないから問題ない」
「自転車で測定していれば1%以下の誤差はあり得るよね。」
「道路は変化しているんだし10年という期間で見た場合、その程度の差が出るのは当然」

など、ファンにとっては許容範囲のようだ。

箱根駅伝、測ってみたら800m足りない…「距離で走ってるわけじゃないから」など許容の声

《nanakichi@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集