マレーシア・キナバル山国際クライマソン、10月18-19日に開催

エマージング・マーケット 東南アジア

東南アジア最高峰のキナバル山(4095.2メートル)を走破する「第28回キナバル山国際クライマソン」が10月18-19日に開催される。

18日に行われるメインの「サミット・レース」は公園入口からスタートし、4,095.2メートルの頂上に立って、メシラウ・ルートを経てクンダサンに抜ける全長33キロメートルのコース。以前は山頂を往復するだけの全長21キロメートルだったが、前回よりメシラウ・ルートを経てクンダサンに抜けるルートが加わりさらに過酷となった。出場できるのは過去の山岳レースでのタイムに基づき男子が110人、女子が40人だけとなっている。

19日に開催される「アドベンチャー・レース」は、公園入口から標高2,700メートルのラヤンラヤン小屋を経て頂上に向かわずにメシラウ・ルートを経由しクンダサンに抜ける全長23キロメートルのコースで、男女別のオープンカテゴリーのほかベテラン部門もある。
伊藤 祐介

編集部おすすめのニュース