ピレリ、BMWイノベーションアワードを受賞…品質を高く評価

自動車 ビジネス 企業動向

ピレリは、「2014年BMWサプライヤー・イノベーション・アワード」を受賞したと発表した。

同賞は、BMWが毎年、最も革新的と評価したサプライヤーに授与するもの。ピレリは、タイヤの加硫工程で使用するリアル ダイナミック キュアリング技術が評価され、ベスト イノベーション イン クォリティ賞を受賞した。

ピレリ全工場で採用する同技術は、感熱センサーを活用して各タイヤに最適なレベルの加硫条件を適用させることを可能にするもの。タイヤの材質に熱を加えて物性を確定させる加硫工程は、タイヤ製造における最終工程であり、完成製品の品質を決定付けるものだ。

ピレリは、ブラジル、中国、ヨーロッパ、USAなど、プレミアムカーやトップレンジの車が積極的に販売されている地域に、自社の研究センターや工場を持ち、世界中のBMWの各モデルに適応するタイヤの開発を可能にしている。そのため、製品の総出荷量の観点からも、BMWのキー・サプライヤーの1社とされている。

特に、各モデル用に特化して設計されたBMW専用のランフラットタイヤは、ピレリとBMWのエンジニアとの共同開発によるもの。安全性を向上させ、車の操縦性を最大限に高めることに寄与している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集