KLMオランダ航空、今年のミニチュアはハイネケン工場…ワールドビジネス搭乗者の特権

航空 企業動向

KLMオランダ航空、ワールドビジネスクラス利用者に配布するミニチュアの新デザインを発表
  • KLMオランダ航空、ワールドビジネスクラス利用者に配布するミニチュアの新デザインを発表
  • ハイネケンのアムステルダム工場のミニチュア
  • ハイネケンのアムステルダム工場
  • KLMオランダ航空
オランダ・アムステルダムに拠点を置くKLMオランダ航空は10月7日、ワールドビジネスクラス利用者に配布するミニチュアハウスの新デザインを発表した。

同航空はワールドビジネスクラス利用者全員にオランダ伝統のデルフトブルー(焼き)で国内の建築物を再現したミニチュアハウスをプレゼントしている。新デザインは毎年の創業記念日(10月7日)に発表するのが恒例。創業95周年の今年は同国を代表するビールメーカーであるハイネケンのアムステルダム工場のミニチュア化が実現した。

2014年が創業150周年のハイネケンは同航空の機内提供ドリンクの一つになっているだけでなく、拠点空港のアムステルダム・スキポール空港のワールドビジネスクラス専用新ラウンジ完成過程にも関与している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集