太陽生命、ミャンマー保険事業の発展願い、業務システムをそっくり寄贈

エマージング・マーケット 東南アジア

ミャンマー保険公社に保険システムを寄贈
10月2日に太陽生命保険株式会社(以降「太陽生命」)は、ミャンマー保険公社に対し、保険システムを寄贈した。また、平成26 年9 月27 日にヤンゴン市において、ミャンマー財政省副大臣、ミャンマー保険公社総裁、太陽生命社長が出席し、寄贈式を行ったことを発表した。

(画像はプレスリリースより)

保険システム寄贈の目的
ミャンマーでの保険事業の発展に技術面で協力すること等を目的に、ミャンマー保険公社に対し、太陽生命で開発した保険システムを寄贈することにした。

これにより、IT化に伴う業務改革、事務効率化を通じ、保険事業の発展を促すことができる。

ミャンマーでの取り組み
太陽生命では、海外事業戦略の柱の一つとして、ミャンマーで生命保険事業の普及や発展に寄与し、保険事業への参入を見据え、日本の生命保険会社で初めて、平成24 年4 月にヤンゴン市に駐在員事務所を開設した。

これまで、ミャンマーでの調査や研究活動、ミャンマー保険公社等への協力活動等を実施してきている。さらにミャンマー財政省主導の「医療保険プロジェクト」へ日本の生命保険会社として唯一のコンサルタントとして参画している。

寄贈式について
寄贈式はミャンマー保険公社内で実施された。太陽生命代表取締役社長田中勝英氏からミャンマー保険公社エー・ミン・ティン総裁に対し、保険システム目録を贈呈した。

太陽生命、保険システムを寄贈

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめのニュース

特集