11月16日、はやぶさ2の打ち上げを生レポートする少年記者募集…JAXA

宇宙 エンタメ・イベント

はやぶさ2 (c) JAXA/MHI
  • はやぶさ2 (c) JAXA/MHI
  • はやぶさ2 (c) JAXA/MHI
  • はやぶさ2 (c) JAXA/MHI
 11月30日、「はやぶさ2」の打ち上げが予定されている。

 JAXA(宇宙航空研究開発機構)では1日宇宙記者を募集している。宇宙記者は種子島宇宙センターでの「ホンモノ体験プログラム」として、H-IIA26号機による小惑星探査機「はやぶさ2」の打ち上げの様子を取材する記者だ。

 日時は11月29日~12月1日の2泊3日で、場所はJAXA種子島宇宙センター(鹿児島県熊毛郡南種子町)。11月29日はオリエンテーション、宇宙科学技術館見学、種子島宇宙センター見学バスツアー、講義「小惑星探査機 『はやぶさ2』について 」、11月30日は講義「H-IIAロケット打ち上げまで」、H-IIAロケット26号機打ち上げ見学、種子島射場エンジニアへインタビュー取材、1日帰路となっている。対象は中学1年生~高等学校3年生、中等教育学校(前期・後期課程)、高等専門学校1~3年生で全日程に参加できること、日本語での受講が可能なことが条件。応募締切は平10月22日24時必着。

JAXA、中高生の宇宙記者を募集……はやぶさ2打ち上げ

《編集部@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集