ECサイト管理者を悩ませる「コメントスパム」…6万件超える被害

エンターテインメント 話題

ECサイトへのサイバー攻撃検知数
  • ECサイトへのサイバー攻撃検知数
株式会社アラタナは10月3日、同社のセキュリティ対応チーム「aratana-CSIRT」がネットショップ構築サービス「カゴラボ」を対象に実施した調査「ECサイトにおけるサイバー攻撃の傾向」の結果の第2弾を発表した。今回発表されたのは、「ECサイトへのサイバー攻撃の検知件数」と「ECサイトへのサイバー攻撃パターン別トップ5」の2つ。これによると、683件のECサイトへのサイバー攻撃の検知件数は、6カ月間で13万3,678件であった。月間平均にすると、ECサイトは約2万2,000件以上のサイバー攻撃を受けている。

前回(2014年2月)の報告と比較すると、月間あたりの攻撃数は約3分の1に減少しているが、攻撃手法にもトレンドがあるため、今後も引き続き観測を行っていくとしている。一方、ECサイトへのサイバー攻撃パターンでは、プログラムから機械的にコメントを投稿する「一般的なスパム(コメントスパム)」が全体の約50%を占めた。「コメントスパム」は、近年SEO対策のためにECサイトと共にブログとして使用されるCMSプラットフォームを対象に攻撃されることが多い。同社では、ECサイトのシステムと同じサーバにCMSを設置することは、攻撃される箇所を増やすことになるとして、理解と対策を呼びかけている。

683件のECサイトに月平均2万2千件以上のサイバー攻撃--ECサイト調査(アラタナ)

《吉澤 亨史》

特集