イオンの格安スマホ、ミニストップで取り扱い開始も、端末は一括払い

エンターテインメント 話題

5インチ、Android 4.3搭載の「Alcatel OneTouch Idol 2S」。ミニストップでの販売は端末代金一括のみ
  • 5インチ、Android 4.3搭載の「Alcatel OneTouch Idol 2S」。ミニストップでの販売は端末代金一括のみ
 ミニストップは、格安スマートフォン第3弾「イオンスマホ LTE」をコンビニエンスストアのミニストップ全店(全国2160店舗)で3日から取り扱うと発表した。スマートフォンとSIMカードがセットで販売価格は37,713円(税込)。コンビニでの取り扱いは初。

 「イオンスマホ」は、ビッグローブの「BIGLOBE LTE・3G」ライトSプランを通信サービスとして利用するスマートフォン+通信のサービス。スマートフォン端末には、TCT Mobile製でLTEに対応する「Alcatel OneTouch Idol 2S」を用意し、「イオンスマホ」として初めてLTE通信に対応した。

 「Alcatel OneTouch Idol 2S」は、5インチ(1,280×720ピクセル)ディスプレイ、Android 4.3、Snapdragon 400(1.2GHz・クアッドコア)、メモリ1GB、ストレージ8GBを搭載。カメラは800万画素/130万画素。バッテリ容量は2,150mAhで、本体サイズは高さ135.5mm×幅69.7mm×奥行7.45mm、重量は126g。

 「イオンスマホ」は、基本料月額1,650円と端末代月額1,330円(2年)の月額2,980円からスマートフォンと通話・データ通信が行えるが、このミニストップでは端末代金は一括払いとなる。

ミニストップが「イオンスマホ LTE」を販売……コンビニで初

《関口賢@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集