盛駅「3鉄まつり」、三陸鉄道の車両運転体験など実施…10月12日

鉄道 企業動向

盛駅で発車を待つ大船渡線BRTのバス(左)と三陸鉄道南リアス線の列車(右)。今年の「3鉄まつり」は10月12日に開催される。
  • 盛駅で発車を待つ大船渡線BRTのバス(左)と三陸鉄道南リアス線の列車(右)。今年の「3鉄まつり」は10月12日に開催される。
  • 盛駅構内を走る三陸鉄道の36-700形。「3鉄まつり」では事前予約制の運転体験イベントなどが行われる。
  • 盛駅構内に留置されている岩手開発鉄道の貨車。「3鉄まつり」では同社の検修庫も公開される。
JR東日本と三陸鉄道、岩手開発鉄道の3社は10月12日、盛駅(岩手県大船渡市)で恒例の「3鉄まつり」を開催する。開催時間は10時から15時まで。

三陸鉄道の車両運転体験(13~15時)や保線用移動車「レールスター」の乗車体験(10時30分~11時30分)、ミニSLの乗車体験(10~15時)、岩手開発鉄道の検修庫公開(12時30分~13時30分)などが行われる。

このうち、車両運転体験は事前の予約が必要で、中学生以上20人を募集する。参加費は8000円。申込みは三陸鉄道南リアス線運行部まで電話で。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集