インド購買意欲が高まる10月…自動車業界も売り上げ増加期待

2年間の不振の時期を経た自動車業界は、この10月に多くの祝祭日を迎えることで、大幅な売り上げ増加を期待していると、エコノミックタイムスが伝えた。

エマージング・マーケット インド・南アジア
2年間の不振の時期を経た自動車業界は、この10月に多くの祝祭日を迎えることで、大幅な売り上げ増加を期待していると、エコノミックタイムスが伝えた。

今年はこの10年間で初めて、ドゥルガー・プージャー、イドゥール・ズーハ(犠牲祭)、ダシャラー、ディワリ、ダンテラス、バーイ・ドゥージ、チャートという祝祭日全てが同じ月に重なり、この時期に買い物をしようという消費者の購買意欲を刺激すると考えられている。

自動車業界では10月に需要が一気に高まることを期待し、絶え間なく金属の供給を行なっている。

すでに今月初旬には南インドのオーナムと西インドのガネーシャ・チャトルティから好影響を受けており、各メーカーは大幅割引などのサービスと同時に、デザイン重視の高級車で市場に刺激を与えたいとしている。
編集部

編集部おすすめのニュース