ソユーズ TMA-14M 宇宙船、ISSにドッキング…第41次長期滞在がスタート

宇宙 企業動向

ソユーズTMA-14M宇宙船(40S)の打上げ(9月26日)(出典:JAXA/NASA/Aubrey Gemignani)
  • ソユーズTMA-14M宇宙船(40S)の打上げ(9月26日)(出典:JAXA/NASA/Aubrey Gemignani)
  • ISSに到着した40Sクルーを含む第41次長期滞在クルー(出典:JAXA/NASA)
国際宇宙ステーション(ISS)の第41次/第42次長期滞在クルーが乗ったソユーズTMA-14M宇宙船(40S)は、9月26日日本時間午前11時11分にISSにドッキングした。

バリー・ウィルモア宇宙飛行士、アレクサンダー・サマクチャイエフ宇宙飛行士、エレナ・セロヴァ宇宙飛行士を乗せたソユーズTMA-14M宇宙船は、日本時間9月26日午前5時25分にカザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。打ち上げ後、ふたつある太陽電池パネルのうちひとつ(左舷側)が展開しなかったが、飛行に影響はなく、無事にISSにドッキングした。

9月26日午後2時06分にハッチが開けられ、第41次/第42次長期滞在クルーはISSへ入室した。ISSに滞在中のマキシム・スライエフ宇宙飛行士らは第41次/第42次長期滞在クルーの到着を歓迎、6人体制による第41次長期滞在がスタートした。

40Sミッションは、長期滞在クルーとともに、新しいソユーズTMA-14M宇宙船をISSに届けるミッション。今回も打ち上げ後地球を4周回して上昇し、わずか約6時間後にISSにドッキングする運用が行われた。ISSへ打ち上げられるソユーズ宇宙船の打ち上げとしては40回目となった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集