金融サービスの基準設定委員会を設置、専門職者の倫理水準引き上げ…マレーシア

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア ペトロナスツインタワー
  • マレーシア ペトロナスツインタワー
金融業界を基盤とする独立機関、金融サービス専門職委員会(FSPB)が24日、設置された。同委員会は、金融業にかかわる者が到達すべき専門家としての基準、倫理道徳水準を策定・提唱し、採用を全世界の業界に促すことを目的とする任意団体。ザ・スターが伝えている。

委員長はAmバンクのアズマン・ハシム会長で、委員にはマレーシアのほか、シンガポール、豪州、英国、スイスの金融専門家9人が任命された。設置にはマレーシア中央銀行バンク・ネガラと証券委員会(SC)が協力した。

発足式で中銀のゼティ総裁は「2008年の金融危機で短期的視野からの決定が経済全体の健全性を損なうことが示され、金融サービス業に対する大衆の信頼が揺らいだ」と、金融業界として一般大衆の信頼を回復する必要性を訴えた。

国際会計基準審議会(IASB)議長だったトウィーディー委員は「金融危機の際、世界の国内生産高の4分の1が銀行救済に使われ、損失は大衆が負わされた」と倫理観の欠如があったことを指摘した。
小栗 茂

編集部おすすめのニュース