アイシン、「コングレッソ・SAE・ブラジル2014」に初出展…現地生産をアピール

自動車 ビジネス 企業動向

アイシン精機とアイシン・エーアイ、「コングレッソSAEブラジル2014」に初めて出展
  • アイシン精機とアイシン・エーアイ、「コングレッソSAEブラジル2014」に初めて出展
アイシン精機とアイシン・エーアイは、9月30日から10月2日まで、ブラジル・サンパウロ市で開催される、自動車技術展「コングレッソ SAE ブラジル 2014」に初出展する。

ブラジルでは、現地生産する自動車メーカーが、車両の現地調達率や燃料規制などの目標達成を求める政策「INOVAR-AUTO」への対応を進めている。

「INOVAR-AUTO」への対応を含め、自動車の増産や新たに進出する自動車メーカーへの拡販を狙いに、現地で生産しているドアロック、シートフレームなどのボディ関連製品をはじめ、今後現地で生産予定のマニュアルトランスミッション、エンジン部品なども展示、アイシングループの現地生産体制をアピールする。

また、アイシングループの様々な製品を組み込んだ「デモンストレーションカー」を展示し、部品からユニットまで幅広く製品を取り揃えるアイシングループの総合力を紹介、現地自動車メーカーへの認知向上を図り、事業の拡大に結び付けていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集