これぞガジェット…カセットテープ型ICレコーダーというパナソニックの英断

エンターテインメント 話題

カセットテープ型ICレコーダー
  • カセットテープ型ICレコーダー
  • カセットテープ型デザインを採用
  • スピーカー部
  • パナソニック
 パナソニックから、カセットテープ型デザインを採用したICレコーダーが発売される。発売日は10月17日、価格はオープンプライス。

  このICレコーダーは、各種操作機能のインターフェースを、カセットテープレコーダーのように配置している。また、「再生」「録音」「停止」「戻す」送る」などのボタンのマークは、まさにカセットテープレコーダーを模したつくり。ICレコーダーというと馴染みが薄い世代や、初めてICレコーダーを使う層にも、直感的でわかりやすくなっている。

 カセットテープ型デザインで使いやすくなっているだけでなく、表示画面の文字を見やすいように大きくしているのも特徴。また、録音・再生時には画面に表示されるリールハブ(テープを巻き取る歯車のような部品)のイラストが回転し、録音・再生していることを視覚的にわかりやすく示す。

 シンプルでコンパクトな外観でありながら、ステレオマイクとスピーカー2個を搭載、内蔵メモリーは8GBで、普段使いには問題ない容量だ。

パナソニック、「カセットテープ型」ICレコーダーを発売

《尚@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース