ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「レヴィアタン」を引渡し

船舶 企業動向

ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「レヴィアタン」を引き渡し
  • ジャパン・マリンユナイテッド、次世代省エネ型バルクキャリア「レヴィアタン」を引き渡し
ジャパン・マリンユナイテッドは、有明事業所(熊本県玉名郡長洲町)で建造していたケープ・オーシャン・マリタイム向け次世代省エネ型バルクキャリア「レヴィアタン」を引き渡した。

新造船は、フランスのダンケルク港要求を満たす最大船型で、最新省エネ技術を搭載した。同社が開発した高い環境性能を持つGシリーズ18万2000DWT(G182BC)バルクキャリアとなる。

船の特徴として、低風圧居住区による風圧抵抗の削減、低摩擦塗料による摩擦抵抗の削減などによりGHGを削減して燃費向上を図った。推進性能面では従来の省エネ付加物「Surf-Bulb Super Stream Duct」に加え、LEADGE-BOWと呼ばれる船首形状を採用することで実海域での波浪中の船速低下軽減を図った。

環境面ではバラスト水処理装置(BWMS)を標準装備する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集