訪タイ中国人増加を受け、ビーチリゾートと広州を結ぶ便が就航

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】マレーシアの格安航空大手エアアジアのタイの合弁会社タイ・エアアジアは11月6日から、タイ南部のビーチリゾート、クラビと広州を結ぶ直行便を毎日1往復運航する。使用機材はエアバスA320型機。

 タイ・エアアジアは中国人観光客のタイ旅行需要の取り込みに力を入れ、香港、マカオ、重慶、武漢、広州、深セン、昆明、長沙に乗り入れている。タイは近年、中国人観光客の旅行先として急速に人気が高まっている。2013年にタイを訪れた外国人2673・6万人(前年比19・6%増)のうち、中国人は470・5万人(前年比68・8%増)と最も多かった。日本人は153・8万人(同12%増)だった。

エアアジア、11月にタイ南部クラビ―広州就航

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集